育児と酒とマラソンと

育児とマラソンに奮闘する41男の雑記です。トライアスロンもしてて入賞を目標にしています。

ビール・ビール・ビール

よく大会当日の夢を見る。

そこで僕は失敗する。ある時は時間に遅れ、ある時は何故か自転車を忘れる。

 

不安なのだ。何が不安なのか?と僕は考える。

ジッソウガふそくシテイマス、ジッソウシテクダサイ。

そうだ毎日のように練習してきた。プールで泳ぎ、ローラーで漕ぎ、走ってきた。

タバタだってやった。インターバルトレーニングだってやった。

やってないことは何か? 実走。

バイクの練習はローラー台でしかやってない。

不安。

ジッソウガふそくシテイマス、ジッソウシテクダサイ。

 

考えるまでもなかった。実走が不足しているのだ。結論は出ている。

金甲山に行くのだ

 

金甲山。今その麓のコンビニにいる。真夏の昼間なので他のチャリダーは全くいない。

 

金甲山に初めて自転車で登った時は確か30分ほどかかった。その後練習を重ね25分ちょっとまでタイムを縮めた。

今回は違う。もう僕はあの時の僕ではない。25分をきる。そうじゃなきゃ湯原で入賞なんて出来ない。

 

スタート!!

といっても初めは比較的なだらかな坂が続く。でも足を温存など出来ない。最初から全力でいくのだ。

三分の一を過ぎたところで本格的な坂が始まった。坂、坂、坂。

汗、汗、汗。汗が飲めるほど顔から噴き出してくる。

何度かダンシングしながら登っていく。イノシシは出ない-以前実際にイノシシが飛び出してきてぶつかりそうになった-

もうすぐ頂上だ。展望台を超え、TV局のアンテナを超え、金甲山の看板まで。

 

息も絶え絶え辿りつき、すぐさまサイコンを見る。

f:id:triliquor:20170718163035j:plain

24分10秒!!

記録を1分更新したのだ。

 

 

 

 

僕は家に帰っていた。その後児島半島をぐるっとまわって帰ってきたのだが、とにかく今は家でくつろいでいる。

1分縮めた。それは紛れもない事実だ。だが本当に速くなってるのだろうか?

 

「あんたは速くなっているよ」

突然そいつは話しかけてきた。狸の恰好をした男。

「あなたは?」

「おいらはトラヌタヌキさ」狸男はそう名乗った。

 

「兎に角あんたは金甲山で1分縮めたんだ」

僕は肯いた「でも1分だ」

「違う金甲山の7kmで1分だ。湯原のバイクは何キロだい?」

「65km」と僕は言った。

「つまり距離にして約9倍だ。バイクだけで9分去年より縮めることが出来る。去年のランは何分だったんだい?」

「90分」

「ラン18kmを90分ってことは1km5分ペースだ。今年は1km4分30秒で走るんだ。」と狸男は言った。

「そしてスイムで2分縮める。スイムで2分、バイクで9分、ランで9分縮まるんだ。合計で去年より20分縮めることになる」

僕は肯いた。20分縮めたら去年のリザルトだと優勝じゃないか。

 

長い沈黙が6月の雨のように続いた。

 

「ビールが飲みたいな」狸男は言った。

「優勝の前祝さ」

僕ものどが渇いていたので缶ビール2本とジョッキを2つ持ってきた。

キリンとオリオンのロゴが入ったジョッキ。

 

「優勝に乾杯」

 

 

 

※今ちょうど村上春樹ダンス・ダンス・ダンスを読んでたので村上春樹風にしてみたけど、あまり面白くなかったのでこの辺で止めます。

 

第2回おかやまマラソン②

4分40秒ペース

今年からペースランナーが走ってるらしいです。各ブロックの先頭いてに風船を付けているランナーがその人です。

3時間、3時間半、4時間といて市民ランナーの目安になってくれています。

私が目指すのは3時間と3時間半のちょうど中間なので1kmを4分40秒ペースで走ることにしました。

 

スタート!!

一年前は満員電車状態で普通に走れるようになるまで10km近く走らなければならなかったのですが、今回は序盤から案外スムーズです。流石Bブロック(笑)

初めの5kmこそ24分47秒と1km5分ペースくらいですが、その後は中間地点まで4分40秒ペースほどで走ることができました。

中間地点で1時間40分32秒です。

 

でもだんだんキツくなってきます。30km走を3回ほどこなし1週間禁酒して今朝うんこも2回したはずなのに(笑)

なんとか30km地点を通過したころにはもはや疲労困憊orz

これじゃあ去年と一緒です。

 

ラーメン食べて頑張るぞ!

そして逃げるように給食のラーメン屋台に向かいます。

去年も食べたのですが今年から小豆島ラーメン以外に何店舗かラーメン屋が増えています。

でもホントの目的はラーメンを食べることじゃなくて、ラーメンにかこつけて休憩することです(笑)

とりあえず目があった可愛いお姉さんのラーメンにしました(笑)

足を震わせながらラーメンを食べているとNHK BSのラン×スマの人から話しかけられました。2~3質問に答えて「最後にラーメンすすった後 ラーメン食べて頑張るぞ! って言ってください」と言うので満面の笑みで「ラーメン食べて頑張るぞ!」と言ったのですが、実際の放送では使われていませんでした(笑)

ラン×スマのおかやまマラソン特集は前後編あるので私が見ていない前編で使われてたのかもですけど再放送でもしてくれなきゃ確かめられません。

NHKさん再放送お願いします(笑)

 

ラーメンも食べたので仕方なく残り12kmはしることにしました(笑)

しかしちょっと走ってると後ろからペースランナーがやってきました。

3時間のペースランナーじゃないですよ。3時間半のです。

このペースランナーに負けたら去勢です(笑)

ラーメンなんか食べてる場合ではなかったのです。

しかしもはや彼等を振り切る体力は残っていませんでした。

でも何とか食らいつきます。こっちは大事な息子の命がか゚かっているんだ(笑)

それなのにペースランナーの会話と言ったら「もう後7kmしかないんですね~」

とか余裕しゃくしゃくです。多分サブスリーとか楽勝の凄いランナーなのでしょう。

 

 

 

何とかゴール

彼等についていけたのは40km地点まででした。

残り2kmは正に地獄。1歩1歩が苦行です。ちょっとだけ歩いたりもしました。

ゴールである岡山県総合グラウンドの入り口あたりでスポンサー(嫁)の姿が見えましたが手を振る気力すらありませんでした。

そして何とかゴール。

とりあえず完走はできました。

記録ですが

 

5km           24:47

10km         47:57

15km      1:11:20

20km      1:35:11

25km      1:59:51

30km      2:25:20

35km      2:52:44

40km      3:18:59

記録        3:33:27

net time  3:32:35

 

3時間15分どころか3時間30分も切れませんでしたorz

息子の命が!!

 

でも優しい嫁さんは去勢はしないでくれました(笑)

ありがとうございました!

第2回おかやまマラソン①

目標は3時間15分!

トライアスロンシーズンも終わりいよいよマラソンシーズンがやってまいりました。

トライアスロンは1年目にしては個人的に満足しているのですが、やはり問題はマラソンです。昨年の第1回おかやまマラソンはダメダメすぎたので年末にうまい酒を飲むためにも今年こそは納得いくタイムでゴールしたいものです。

昨年のタイムがグロスで4時間4分、ネットで3時間57分でした。

今年はサブスリー!と言いたいとこですが絶対無理なので(笑)最低3時間半、出来れば3時間15分を切りたいと思います。

トライアスロンはタイムより入賞が目標なのですがマラソンは自分との戦いです。

普段は毎日浴びるほど酒を飲む私も1週間ほど禁酒して大会に臨みました。

 

今年は秘密兵器としてマイドリンクに湯原トライアスロンで貰った粉飴を溶かして持参しました。

 

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

 

 序盤の混み合う給水ポイントをスルーしつつ水分と糖分を補う作戦です!

スポンサー(嫁)には「3時間半切れなかったら去勢する!」と豪語してスタート地点の総合グラウンドへ向かいました(笑)

 

今回もスタートまで時間を持て余したので1枚だけ写真があります。

f:id:triliquor:20170702145415j:plain

着替えと荷物を預けるジップアリーナという体育館です。凄い人数で尻込みしそうです。

 

前回は初マラソンだったのでほとんど最後尾からスタートだったのですが今回はなんちゃってサブ4ランナーなのでスタートブロックが前から2番目に格上げされました。一気に1万人くらい抜いちゃった気分ですね(笑)

 

いよいよスタートです

 

つづく

 

第1回鳥取砂丘トライアスロン大会③

走り初めてみるとキツイながらも調子よく前走者を抜いていけました。

私の場合マラソンから始めたのでランもそこそこイケるのが強味ではあります。

初めは民家の間を走って、そのあと道路脇の歩道を走って、いよいよ待望のらっきょう畑に突入です(笑)

 

しかしらっきょう畑は単調な景色な上にアップダウンが結構あってキツイコースです。

ある程度抜いた後、ヒタヒタと後ろを付いてくる人に気づきました。

ナンバーをチラ見すると明らかに40代の選手です!

相手も年代別の入賞が目標なのか離されてなるものか!!という気迫を感じます。

での私のナンバーから39歳なのか40歳なのかはよっぽどキチンと選手録を見ていないかぎりは分からないはずです。そこが私の狙い目でもあります(笑)

 

その選手とは登り坂になったら離し、平地になったら追いつかれを繰り返し終盤戦へともつれ込みました。

しかし最後6km過ぎに待ち構えていたのはすごい下り坂!

折り返して登ってくる選手がいるので降りた分登らなくちゃいけないのは明白です!!

 

ナンバーをチェックしながら下り続けます。

40代であろうナンバーの選手とすれ違いましたがどんなに頑張ってもBダッシュしても追いつけなさそうなのでこの位置をキープするのが得策でしょう。

何度も言いますが目標は年代別の入賞です(笑)

 

折り返して今まで降りてきた激坂を登ります(汗)

キツかったのですが後続の40代選手が坂が苦手らしく差を開くことには成功しました。

 

もうすぐゴールです!

もう順位は関係ないのですが最後は何故か頑張ってしまいます(笑)

 

今回は嫁が撮った写真があるので文字だけじゃないです。

f:id:triliquor:20170623163514j:plain

うおぉぉおーー!!

f:id:triliquor:20170623163549j:plain

頑張れ俺ーー!!(笑)

f:id:triliquor:20170623163924j:plain

ゴール!!

何とか完走することが出来ました。

 

結果ですが総合13位!年代別3位!!

やったー!入賞です!!

 

大会で表彰されるのって中学生とか以来だと思います。

ちゃんと表彰式もありました。

f:id:triliquor:20170623164305j:plain

やったね!

f:id:triliquor:20170623164346j:plain

しかも副賞として鳥取梨とらっきょうの詰め合わせも頂けるのです。

 

ちなみにその後の鳥取地震で梨が落下してしまい大変だったらしいのですが、後日立派な梨が送られてきました。

感謝して頂きました。

 

 

今年最後のトライアスロンは非常に満足いく結果に終わりましたがまだ岡山マラソンが控えています。

 

そこ件はまた今度。

 

 

 

第1回鳥取砂丘トライアスロン大会②

そういえば

前回書き忘れてましたがレベルが高くないと予想していた今大会には数多くの猛者がエントリーしていました。

倉敷国際トライアスロン5連覇中の高橋さん、みやじまパワートライアスロン3連覇中の谷川さん、あと忘れましたがどっかの大会で優勝した人等々。

紹介はされませんでしたが私の様に密かに総合や年代別で入賞を目指している人も多数エントリーしていることでしょう。

私の場合は総合での入賞は無理なのでライバルは40代と50代です(笑)

それを分かってかどうかは分かりませんがナンバーが年齢順になっています。自分(No.255)より大きい数字の人だけ負けないようにしていればいいのです。

 

スイムが始まって思ったのですが海でのスイムは今大会が初めてでした。

湯原では淡水でしたし、紫川は川ですが汽水です。海水のしょっぱさに心折れそうになりながら750mを2周回泳ぎ切りました。

目標は25分以内だったのですがリザルトによると25分46秒で約190人中5位でした。

まずまずです。

 

その後トランジションでもたついてる間に2人くらいに抜かれながらバイクスタートしました。

バイクは1周8kmを5周回のコースです。昨日試走したので知ってましたがかなりスピードが出せるコースでビュンビュン抜かれます(笑)

どこかのトライアスロン部が物凄いスピードで抜いていきましたが彼らは20代なので関係ありません(笑)

でもその内混んできて何人に抜かれたのか分からなくなりました。ぐるぐるコースの宿命ですが嫁が言うには応援はしやすかったらしいです。

 

バイクが終わってトランジションでランシューズに履き替えます。ペナルティーを取られないように不要なものはカゴに入れてラン開始です!

後でリザルトを見て知ったのですがこの時の順位は19位

バイクで14人に抜かれたことになります。入賞するには厳しい順位です。

 

基本的に大会前日は休養して走ったりしないようにしているのでランのコースはどんなかよく知りません。

説明会ではランコースはらっきょう畑の中で、農家の方が働いてたりするから、邪魔に思っても決して罵声とか吐かないようにとか言ってたのを思い出します。

 

つづく

 

第1回鳥取砂丘トライアスロン大会①

スポンサー命令

湯原トライアスロン、紫川アクアスロンと年代別入賞まであと1分というミスター残念っぷりだったのでスポンサーである嫁が入賞できそうな大会を見つけてきました。

それが鳥取砂丘トライアスロンです。

嫁曰く入賞できそうな理由として

  1. 第1回大会なのでレベルは高くないだろう
  2. 募集人数が200人と少ない
  3. 総合入賞が6位まである
  4. 年代の区切りが18~39、40~59、60以上となっているので40歳の私は有利

まぁそんなとこです。

鳥取までいくのも面倒だったし11月には岡山マラソンが控えてたのでスイムの練習を打ち切りたかったのですがスポンサーの意向には逆らえません。

強制エントリーされました。

 

出るからには今度こそ結果がほしいのでスイムの練習を週2から週3に増やして挑みました。

 

10月1日

鳥取砂丘トライアスロンも前日受付です。

説明会の時たまたま隣にいたナイスガイと話してみたら福岡から来た人でした。

私も福岡に10年以上住んでいたのでなんか勝手に親近感沸いていまいました。

 

その後バイクコースを試走してみました。

バイクコースは1周約8キロを5周回です。かるーく1往復だけしてみましたがアップダウンもあまりない道路ですごく走りやすいですね。折り返しのとこだけ坂があるのでそこはインナーに入れないと私には登れませんでした。

 

ランコースまで試走する気はさらさらないのでホテルにチェックインです(^^;

ホテルの手配やなんやかんやは全てスポンサー(嫁)任せなんでちゃんと温泉があって驚きました。鳥取の町中って案外温泉街なんですね。

もちろん夜は深酒をして明日に備えました(^^;

 

大会当日

朝食はつけてないのでコンビニでおにぎりを3個食べて現地に向かいました。

いつも時間には余裕をもって向かうので時間を持て余したのか珍しく写真がありました

f:id:triliquor:20170616153959j:plain

初公開のエモンダ号(^^;

ちなみに横のカゴから物が出ていたらペナルティーらしいです。

ホンマかいな!?

 

ウェットスーツを着込んでスタートを待っていたら昨日話した福岡のナイスガイ君が隣にいたので話しました。

何かロングのトライアスロンの最後のランでサブ4を達成したとか言ってました。

ナイスガイなだけじゃなくかなりのツワモノのようです。

でも年代の区切りが別なので大丈夫(笑)

 

さていよいよスタートです

 

つづく

お弁当の日②

今日は今年度2回目のお弁当の日です。前回が3月の中旬だったので2ヵ月半ぶりですね。

今回は上の娘(3歳)が遠足に行くのです。なんかヤクルト工場の見学もするらしいですが試飲以外には興味ないでしょう(^^;

多分何度もおかわりを要求して工場の人を困らせそう(^^;

 

今回も少し早起きしてお弁当作りしました。

んで出来た弁当がこれ!

f:id:triliquor:20170531160014j:plain

今回の弁当はハンバーグをメインにしてみました。

思いつきで型抜き使ってかわいいハンバーグにしようとしたのですが失敗しました。

型で抜くまでは良かったのですが焼いたら縮んで何の形か判別できません(^^;

かろうじて原型を留めたクマさんだけ入れました。

 

見えにくいですが卵焼きはハート型にしてます。

定番のブロッコリーはマヨネーズで目と口を書いてみたら怪人みたいに

なっちゃったし(笑)

 

でもまぁ喜んでくれるでしょう。

 

それではまた!