読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児と酒とマラソンと

育児とマラソンに奮闘する40男の雑記です。トライアスロンもしてます。

本音のトライアスロン入門③ バイク練習編

トライアスロン

お尻痛い!

 

ロードバイクを無事購入して、さぁバリバリ練習するぞ!と意気込んだ私ですが、練習って何をすればいいのでしょう?

とりあえずそこら辺を走ってみます。ギアチェンジや慣れない前傾姿勢に四苦八苦しながらもちょっと頑張ったら30km/hくらいすぐにでます。これは気持ちいいですね。

でも少し遠くまで乗ったらお尻が痛くなります。一応パッドが入ったパンツ履いてるのにです。誰かが300kmも乗ったら痛くなくなるとか言ってたのでそれを信じて少しずつ走行距離を延ばす日々が続きました。

 

 

CEEPO田中社長との出会い

 

そんなある日バイクショップからトライアスロン講習会&トライアスロンバイク試乗会があると連絡がありました。ここのバイクショップは練習会や講習会を頻繁にしてくれるのが素敵ポイントです。あまり参加はしていませんが(^^;

でも今回は時間をつくって参加してみました。

そこでの話は練習方法に困ってた私にとって非常に為になるものでした。

CEEPOの田中社長も熱かったですしこんなことなら初めっからCEEPOのバイク買っとけば良かったとも思いましたね。予算の関係で今更無理ですけど(^^;

その話の中で今でも実践していることと言ったら

  1. 土日集中型の練習は効果が少ないので週一の休養しながら日々少しづつでも練習する。
  2. バイクとランは続けて練習する。
  3. バイクの練習はローラー台が良い。

などですね。バイク乗った後走ると何か体がふわふわして変な感覚だったりするんですがバイク練習→ラン練習を続けてるとそれも解消できます。

でも一番の問題はローラー台の購入を嫁さんにどう納得してもらうかなんですよね。

 

 

ローラー台は必要か?

 

これに関しては私の場合ローラー台は絶対に必要だと思います。そりゃぁ完走が目標ならいらないでしょうけどなるべく上位でフィニッシュしたい人には必須だと思います。

バイクの練習って練習できる場所に行くのに時間がかかったりしてちゃんと練習しようと思ったら半日かかったりするんですよね。その点ローラー台なら思い立ったらすぐ練習できます。時間のないお父さんや家事に忙しいお母さんでも練習できちゃうのです。

 

で、嫁さんにどう納得してもらうかですが、そこは頑張って交渉していくしかないんじゃないですかね(^^;

私の場合は一生懸命練習に取り込んでることをアピールしたと思いますが、各家庭の事情があると思いますので頑張って下さい。

 

それではまた~。